東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンの土地の歴史

東京ミッドタウンは六本木の新名所として誕生しました。六本木ヒルズと同じく複合施設であり、対抗する形ではありますが、相乗効果により六本木や赤坂周辺の地域活性化に貢献しているようです。

5つ星ホテルである「ザ・リッツ・カールトン東京」や日本初のショップやレストランなど、上質で高級感のある施設が集まっています。ホテルはもちろん英語対応施設がたくさんあり、世界中の人たちが交流する場にふさわしい街であるといえます。
東京ミッドタウンは日本文化発信の拠点としても充実した施設であり、日本の顔として東京ミッドタウンの今後にも期待が寄せられると思います。

東京ミッドタウンの所在地住所は「赤坂9丁目」にあります。この住所周辺は、日本の遍歴を語り継ぐ歴史的な建物が存在していました。江戸時代には毛利家下屋敷があり、その後陸軍駐屯地や米軍将校の宿舎が存在していました。この住所周辺は一般に閉ざされた土地として利用されてきたことが分かりますね。「赤坂9丁目」という住所から、歴史的な背景を想像される人も多いかもしれませんね。

東京ミッドタウンのある「赤坂9丁目」という住所は、閉ざされた場所から、人が集まる場所へ生まれ変わり、新しい歴史のスタートと言えるでしょう!!

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン内の住所

東京ミッドタウンが誕生して1年以上が経ちました。オープン時から話題性と注目を浴びていたこともあり、多くの方が訪れたみたいです。それは初年度の目標数を超えたことからも確証されています。
ビジネスで行ったとしても遊びで行ったとしても、緑と文化の街は心を和ませ安らげてくれることなのでしょう。地下鉄など交通の便が良いことも集客の大きなポイントとなっていると言えそうですね。

東京ミッドタウンの主となる所在地住所は「東京都港区赤坂9−7−1」になります。広大な土地にオフィスや住宅、商業施設などからなる複合的都市ですので、東京ミッドタウン内はエリアごとに名前が付けられ、各オフィスやショップなどの詳しい住所として利用されることもあります。

「東京ミッドタウン」と住所に書いてあるだけでも所在は分かるでしょうが、広い東京ミッドタウンですので、エリアが記されていると、とても便利です。
例えば、サントリー美術館の住所は「赤坂9−7−4東京ミッドタウンガーデンサイド」と紹介されています。フジフィルムスクエアの住所のように「ミッドタウンウエスト1・2F」と詳しく紹介されている場合もあります。
各エリアごとに探してみるのも面白そうですね!!

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンの住所「赤坂9丁目」

2007年春。六本木に東京ミッドタウンは誕生しました。オープン以来たくさんの人たちが東京ミッドタウンに訪れ、その魅力をすごく感じたことでしょうね。

東京ミッドタウンの所在地住所は「赤坂9丁目」です。ここは歴史のある奥深い場所で、江戸時代にはは萩藩・毛利家下屋敷があったそうです。明治時代には陸軍駐屯地が建てられました。終戦後、米軍将校の宿舎となり、日本に返還された後は防衛庁の檜町庁舎が存在していました。

400年あまりの間、一般には閉ざされた土地として利用されてきた場所だそうです。日本の歴史を物語る建物があった住所ということになりますね。「赤坂9丁目」という住所から防衛庁を思いうかべる人もおられるでしょうし、米軍将校の宿舎があった時代を思い出す人もおられるかもしれません・・・

2000年に防衛庁が市ヶ谷に移転したことにより、新しい都市計画が始まり東京ミッドタウンが誕生しました。東京ミッドタウンの所在地住所「赤坂9丁目」に一般の人々が集い、公開する場と変化したわけです。所在地住所である「赤坂9丁目」と聞くと、東京ミッドタウンをすぐ思いつく人がこれからは増えることになるでしょうね。

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン人気

オープン以来、東京ミッドタウンには多くの方が訪れています。初年度は目標集客数を上回ったとのことです。東京ミッドタウンがいかに注目されているかが分かりますね。

お洒落なショップや話題のレストランなども人気がありますが、東京ミッドタウンには植物がたくさん植えられいる緑豊かな街です。毎日の忙しい時間の少しの合間に自然と接することができますから、東京ミッドタウンは都会の真ん中にある憩いの場ともいえるでしょうね。多くの方に親しまれている大きな理由ではないかと思います。

ちなみに東京ミッドタウンの住所は「東京都赤坂9丁目」です。地元の方ならご存知でしょうが、六本木の新名所として知られていますので、多くの方は住所も六本木だと思っておられたのではないでしょうか。地図で住所や所在地を見てみると、東京ミッドタウンは六本木4丁目と7丁目に隣接している場所にあります。近くにある国立新美術館の住所は「六本木7丁目」、六本木ヒルズの住所は「六本木6丁目」です。

東京ミッドタウンはこれらの施設とともに、六本木地区やその周辺の一層の活性化と向上化の期待に応えてくれることでしょう。

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンの住所は赤坂です

2007年春六本木に東京ミッドタウンがオープンしました。六本木の新名所としてオープン以来多くの方が訪れています。

東京ミッドタウンの所在地住所を調べてみると「東京都港区赤坂」となっていました。私のように住所も六本木だと思っていた方は多いのではないでしょうか。この東京ミッドタウンのそばにある国立新美術館、こちらの住所は「港区六本木」です。世間で話題にのぼることが多かった六本木ヒルズの住所も「港区六本木」となっています。

東京ミッドタウンのみ住所こそ違いますが、これら3つの施設は、六本木の代表的な施設として注目されています。それぞれの施設がライバルであるとともに、六本木に人を集め、相乗効果による活性化や六本木地区の向上化がはかられています


。国立新美術館の他にも、東京ミッドタウンにはサントリー美術館が、六本木ヒルズには森美術館があります。これらはアートトライアングルとして距離をとって存在しています。各美術館ごとに魅力ある企画展や展示会を開催するなど、刺激しあいながら多くの人々に文化発信しています。

日本のビジネスや文化を発信する六本木の街に、今後も注目しましょう。



【関連記事】

東京ミッドタウンの土地の歴史
東京ミッドタウン人気

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。