東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンへ行こう

冬休みの予定をそろそろ考えている方も多いのではないでしょうか?決めかねている方にお勧めスポットがあります。それは東京ミッドタウンです!

東京ミッドタウンとは、オフィスやホテル、美術館や商業施設などからなる複合都市で、2007年春に六本木に誕生しました。六本木ヒルズと共に、注目されている六本木の新名所です。テレビや雑誌などで目にした方も多いことでしょう。

この東京ミッドタウンのことをより多くの方に知ってもらおうと、東京ミッドタウンツアーが行われています。建築デザインやアート作品の特徴を織り交ぜながら、ツアーアテンダントが約1時間かけて案内してくれるというものです。


公園や庭園があり緑が多いので、自然にも触れあうことができます。きっと自分で調べただけでは分からない魅力を知ることができるでしょうね。
ツアーの後は、風景を見ながら食事をしたり、お目当てのショップでお買い物をしたり十分楽しむことができます。

東京ミッドタウンへは、地下鉄都営大江戸線「六本木駅」が一番近い駅になります。他にも東京メトロ日比谷線「六本木駅」や、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」も徒歩約3分ほどの距離ですので、たいへん便利です。



【関連記事】

東京ミッドタウンの住所「赤坂9丁目」
東京ミッドタウンのベルベリーが気になる

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン・六本木から世界へ

東京・六本木にはお洒落なお店や建物、ビルが立ち並んでいます。その建物の多くにはアート作品が取り入れられ、街と一体化しています。人々は自然にアートと共存しているのです。六本木やその周辺が、ビジネスと文化の街と言われているのがわかるような気がしますね。

その六本木に2007年春、東京ミッドタウンは誕生しました。東京ミッドタウン内にもアート作品が各所で見ることができます。国境やジャンルを超えたこれらの作品は、高度な感性と心のうろおいを人々に与えています。

また東京ミッドタウンには「21_21DESIGN SIGHT」や「東京ミッドタウン・デザインハブ」、「フジフィルムスクエア」や「サントリー美術館」など、デザインやアートを体験・体感できる施設が多くあります。

東京ミッドタウンは、日本のデザインやアートを世界に広めていく発信拠点でもあるのです。単なる都市化だけでなく、アートを取り入れた美しい都市化を目指すことにより、人々にも心のうるおいと感動をあたえることができるのでしょう!

これからも東京ミッドタウンは、六本木ヒルズや国立新美術館、また六本木や赤坂周辺の施設との相乗効果により、世界に向けて一層の活性化を期待されています☆☆

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンと六本木ヒルズ

東京旅行や東京観光といえば、東京ディズニーランドや東京タワー、皇居、浅草など見所がいっぱいですが、六本木にもお勧めのスポットがあります。

六本木といえば、六本木ヒルズを思いつくのではないでしょうか。オフィスや住宅、商業施設や美術館、映画館やホテルなどからなる複合都市として2003年にオープンしました。ヒルズ族という言葉も流行り、メディアにも登場して一時話題になりましたね。

六本木ヒルズ森タワー52階にある東京シティービューや、屋上にあるオープンエアの展望施設「スカイデッキ」からの眺望は最高です。夜景はさらに綺麗で、恋人同士で行けばムード盛り上がること間違いなしです。六本木ヒルズに行ったなら、必ず寄りたい場所ですね。

また2007年には東京ミッドタウンが誕生し、1年以上たった今でも注目されています。東京ミッドタウンという言葉だけでも知っている方は多いと思います。話題になったレストランやショップが多数あり、こちらも一日中楽しめますよ。
東京ミッドタウンツアーも行われていて、ツアーアテンダントによる案内のもと、東京ミッドタウンの特徴や見どころを知ることができます。

東京旅行の際は、六本木ヒルズや東京ミッドタウンにも注目してほいかがでしょうか☆

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンと六本木

少し前までは、六本木といえば六本木ヒルズをまず思い浮かべてましたが、最近では東京ミッドタウンを最初に思いつく方が増えたのではないでしょうか!

六本木の新名所となった東京ミッドタウンは、オフィスや住宅、美術館やイベントスペース、ホテルや商業施設などから構成される複合型都市です。東京ミッドタウンのシンボルといえるミッドタウン・タワーは都内で最も高い高層ビルであり、東京ミッドタウンの存在感を超アピールしています。
また檜町公園を含めた約4haの広大なスペースに植物が植えられるなど、緑化にも力を入れています。毎年話題となる都市部のヒートアイランド現象の緩和対策として、東京ミッドタウンは至る所に緑を植え、人と地球にやさしい街づくりを目指しています。

東京ミッドタウンは地元の方や地域住民の皆さんとの交流も忘れてはいません。六本木周辺の美化活動や地元のお祭りへの参加をはじめ、「六本木をきれいにする会」や「六本木安心安全パトロール隊」など、地域のコミュニティーに積極的に参加し、交流することで絆を深めています。東京ミッドタウンを受け入れてもらい、親しんでもらう為にもこういった交流は大切なのです。

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンin六本木

2007年春、東京ミッドタウン六本木の新名所として誕生しました。赤坂から六本木にかけての半径約1マイル(約1,6q)程の地域の中に、40以上の大使館と9つのインターナショナルスクールが存在する国際色豊かな街です。またデザイナーやクリエイターが六本木に集まる、感度の高い街でもあります。このように東京ミッドタウンは、文化と芸術が行きかう街なのです。「世界の交差点」六本木とも言われています。

東京ミッドタウンのあるこの場所は、江戸時代、萩藩毛利家下屋敷でした。明治時代には陸軍駐屯地に、終戦後は米軍将校の宿舎に、日本に返還された後、防衛庁の檜町庁舎が存在していました。日本にとって、とても歴史のある場所なのです。
2000年防衛庁本庁が檜町から市ヶ谷へ移転となり、跡地の再開発計画がスタートされました。東京ミッドタウンには歴史あるものが、今もなお受け継がれています。その一つが旧防衛庁に植えられていた樹木です。1本1本調査を行い、保存・移植された結果、オープンとなった2007年の春、見事な桜の花を咲かせたという事実は、とても感動的です。

六本木の長い歴史のうえに立つ東京ミッドタウンは、都市化だけでなく緑化にも力を入れた、人にも環境にもやさしい街なのです。

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。