東京ミッドタウンのレジデンス > 東京ミッドタウン+レジデンス > 東京ミッドタウン2つのレジデンス

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン2つのレジデンス

東京ミッドタウンには2つのレジデンスがあります。職住接近という視点でみた場合、これほど素晴らしいロケーションはないでしょう。東京ミッドタウン周辺のビジネスマンにとって、この2つのレジデンスは最高の空間になるはずです。


居室は5ツ星ホテルであるリッツ・カールトンの仕様が受け継がれ世界有数のホテルデザイナーである「フランク・ニコルソン」のプロデュースとなっています。間取りのバリエーションはいずれもベッド数単位となっており、1ベッドから4ベッドの構成で総戸数244戸となっています。賃料の価格帯は40万円〜180万円台のレジデンスです。


東京ミッドタウンは、2007年の春に六本木の新しい名所として誕生しました。この場所は、元々旧防衛庁が建っていた場所で、市ヶ谷への移転に伴なって、新しい都市計画により東京ミッドタウンが計画されました。東京ミッドタウンの正確な住所としては「赤坂9丁目」ですが、実はこの場所は歴史のある場所となっています。


東京ミッドタウンの名をそのまま与えられた「東京ミッドタウンレジデンス」ですが、東京ミッドタウンの他の施設とリンクし、仕事とオフ両面に対する要求に応えたホスピタリティ溢れるレジデンスとなっています。


主なサービスとしては、「フロント」「セキュリティ」「メンテナンス」となっており、共用部分として「エグゼクティブラウンジ」「会議室」「フットネス」「レジデンシャルラウンジ」「屋上庭園」「OAコーナー」などがあります。まさにビジネス、プライベート両面に配慮された施設となっていますね。レジデンスもベッド数単位で、1〜3ベッド、50万円〜130万円台となっています。こちらは総戸数が166戸しかありません。


東京ミッドタウンは、緑豊かな街を創造するというコンセプトを基に植物がたくさん植えられています。もちろんお洒落なショップや話題のレストランなども人気が高いのですが、毎日の忙しさの合間にも自然と触れ合うことができますから、ある意味都会の真ん中にある憩いの場と言えるのではないでしょうか。この事も多くの人々に親しまれている理由ではないかと思います。



【関連記事】

東京ミッドタウンにリッツカールトン誕生
東京ミッドタウン・レジデンシィズ

<<東京ミッドタウンへ行こう | 東京ミッドタウンのレジデンストップへ


RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。