東京ミッドタウンのレジデンス > 東京ミッドタウン+美術館 > 東京ミッドタウンと美術館効果

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンと美術館効果

六本木は昔ながらの街並みが残る一方で、お洒落なお店や建物が多い現代的な顔も持つ街といえます。その六本木に2007年春、東京ミッドタウンが誕生しました。東京ミッドタウンは六本木の他の施設とともに、日本だけでなく世界に向けてその存在をアピールしています。

美術館の存在もその一つです。国立新美術館や六本木ヒルズ森タワーにある森美術館、東京ミッドタウンにあるサントリー美術館など、日本の美を残しながらも現代のアート作品を発展させていく場が多くみられます。
これらの美術館は、日本の歴史ある文化だけでなく、新しい文化を取り入れた展示会や企画展などで、世界に向けて発信しています。アーティストたちが六本木に集まってくるというのも、文化やアート作品に多く触れることができ、才能を試すことのできる街であるからなのかもしれません。

東京ミッドタウンは人と都市とアートの共存をコンセプトにした複合都市です。東京ミッドタウン内では各所にアート作品や、アートを取り入れた建築物を目にすることができます。アートに触れることで、人々の感性は磨かれていくことでしょう。また都会の慌ただしさの中でも、心に安らぎを与えてくれることでしょう。

<<東京ミッドタウンでランチを楽しもう | 東京ミッドタウンのレジデンストップへ | 東京ミッドタウンを世界に伝えるホテル>>


RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。