東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン2つのレジデンス

東京ミッドタウンには2つのレジデンスがあります。職住接近という視点でみた場合、これほど素晴らしいロケーションはないでしょう。東京ミッドタウン周辺のビジネスマンにとって、この2つのレジデンスは最高の空間になるはずです。


居室は5ツ星ホテルであるリッツ・カールトンの仕様が受け継がれ世界有数のホテルデザイナーである「フランク・ニコルソン」のプロデュースとなっています。間取りのバリエーションはいずれもベッド数単位となっており、1ベッドから4ベッドの構成で総戸数244戸となっています。賃料の価格帯は40万円〜180万円台のレジデンスです。


東京ミッドタウンは、2007年の春に六本木の新しい名所として誕生しました。この場所は、元々旧防衛庁が建っていた場所で、市ヶ谷への移転に伴なって、新しい都市計画により東京ミッドタウンが計画されました。東京ミッドタウンの正確な住所としては「赤坂9丁目」ですが、実はこの場所は歴史のある場所となっています。


東京ミッドタウンの名をそのまま与えられた「東京ミッドタウンレジデンス」ですが、東京ミッドタウンの他の施設とリンクし、仕事とオフ両面に対する要求に応えたホスピタリティ溢れるレジデンスとなっています。


主なサービスとしては、「フロント」「セキュリティ」「メンテナンス」となっており、共用部分として「エグゼクティブラウンジ」「会議室」「フットネス」「レジデンシャルラウンジ」「屋上庭園」「OAコーナー」などがあります。まさにビジネス、プライベート両面に配慮された施設となっていますね。レジデンスもベッド数単位で、1〜3ベッド、50万円〜130万円台となっています。こちらは総戸数が166戸しかありません。


東京ミッドタウンは、緑豊かな街を創造するというコンセプトを基に植物がたくさん植えられています。もちろんお洒落なショップや話題のレストランなども人気が高いのですが、毎日の忙しさの合間にも自然と触れ合うことができますから、ある意味都会の真ん中にある憩いの場と言えるのではないでしょうか。この事も多くの人々に親しまれている理由ではないかと思います。



【関連記事】

東京ミッドタウンにリッツカールトン誕生
東京ミッドタウン・レジデンシィズ

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンへ行こう

冬休みの予定をそろそろ考えている方も多いのではないでしょうか?決めかねている方にお勧めスポットがあります。それは東京ミッドタウンです!

東京ミッドタウンとは、オフィスやホテル、美術館や商業施設などからなる複合都市で、2007年春に六本木に誕生しました。六本木ヒルズと共に、注目されている六本木の新名所です。テレビや雑誌などで目にした方も多いことでしょう。

この東京ミッドタウンのことをより多くの方に知ってもらおうと、東京ミッドタウンツアーが行われています。建築デザインやアート作品の特徴を織り交ぜながら、ツアーアテンダントが約1時間かけて案内してくれるというものです。


公園や庭園があり緑が多いので、自然にも触れあうことができます。きっと自分で調べただけでは分からない魅力を知ることができるでしょうね。
ツアーの後は、風景を見ながら食事をしたり、お目当てのショップでお買い物をしたり十分楽しむことができます。

東京ミッドタウンへは、地下鉄都営大江戸線「六本木駅」が一番近い駅になります。他にも東京メトロ日比谷線「六本木駅」や、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」も徒歩約3分ほどの距離ですので、たいへん便利です。



【関連記事】

東京ミッドタウンの住所「赤坂9丁目」
東京ミッドタウンのベルベリーが気になる

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウン周辺のホテル

東京ミッドタウンは高度複合都市として、六本木の街に誕生しました。日本はもちろん世界各国の方が、東京や六本木、そして東京ミッドタウンを訪れ利用することでしょう。

東京ミッドタウンのある六本木や赤坂周辺だけでも20を超えるホテルが存在します。

東京ミッドタウンには5つ星ホテルとその名が知られるリッツ・カールトンホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」があります。世界中のお客様を最高のおもてなしで迎えてくれる高級ホテルで、東京ミッドタウンを代表する施設です。


また六本木ヒルズには「グランドハイアット東京」があります。他にも「グランドプリンスホテル赤坂」や「ホテルニューオオタニ」など大きなホテルから、ビジネスホテルまで各所に点在しています。

旅行などのレジャーや、出張などビジネスで利用されたことはあると思います。また日本の都市でありビジネスの街である大都市東京には、世界中の人々が集まります。そういった意味でも世界に対応できるホテルは必要不可欠なのかもしれません。

六本木や赤坂は、東京の各主要な街への交通アクセスもたいへん便利なようですので、利用される方は多いことでしょう。



【関連記事】

東京ミッドタウンと六本木ヒルズ
東京ミッドタウン&ザリッツカールトン東京

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンにふさわしいボタニカ

コンラン&パートナーズのデザイン・プロデュースによるお洒落なお店と上質の料理で、世界中で成功を収めているD&Dロンドン(前コンランレストラン)の日本第1号店が東京ミッドタウンにあります。東京ミッドタウンのガレリア内ガーデンテラス4階にある「ボタニカ」です。東京ミッドタウンオープン時にも話題になったお店です。

コンランは、世界で活躍する家具・インテリアデザイナーで、またレストラン経営者としてもその名を知られています。料理はもちろんですが、コンランによるボタニカの店内のインテリアやオブジェにも注目したいところです。

ボタニカはフランス料理を基に、イタリア料理の要素を加えたコースメニューがメインのようです。

レストラン席だけでなく、緑の多いテラス席や個室、ウェイティングラウンジバーなど約190席ほど用意されており、全席禁煙となっています。またボタニカはお店を貸し切ることもでき、宴会やパーティーなどにも利用できます。

世界の国の人たちが行きかう東京ミッドタウンですから、英語に対応することができ、英語メニューも用意されています。
ボタニカは、世界に発信する東京ミッドタウンにふさわしいレストランといえそうです。



【関連記事】

東京ミッドタウンのボタニカとは
東京ミッドタウンで楽しいランチをしよう

東京ミッドタウンのレジデンス

東京ミッドタウンの美術館へ行きましょう

東京ミッドタウン内にサントリー美術館はあります。東京ミッドタウンのガレリア3階に位置します。

サントリー美術館は1961年、東京・丸の内に開館した歴史ある美術館です。東京ミッドタウンへの移転に伴い、「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージに掲げ新しいスタートをきりました。
絵画や陶磁、ガラス、漆工、染織など様々な魅力あふれる企画展を開催し、日本伝統文化の本物の美を提供しています。また美を通して人と人との交流が生まれる憩いの場になることを目指し、サントリー美術館にはカフェやショップ、茶室やホール、メンバーシップ専用のサロンなどが備わっています。
開館時間は、日・月・祝日は10時から18時、水曜から土曜までは10時から20時で火曜日は休館日となっています。(火曜祝日の場合は開館、翌日休館)入館料は展覧会により異なりますが、中学生以下は無料です。東京ミッドタウンやサントリー美術館のホームページなどで展覧会の情報も確認できます。

東京ミッドタウンにお出かけの際、美術館を覗いてみるのもいいかもしれませんね。美術品を眺めることだけで心が落ち着く、そんな気がします。

RDF Site Summary
RSS 2.0
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。